広島/八本松 カリグラフィー教室 Ninograのブログ

BLOG

ブログ

The art of gifting Noel / Christmas 2015

10月中旬頃、カリグラフィー関係の方から高級ブランド・Dior様が腕の良いイケメン・カリグラファーを探しているらしいと問い合わせがありました。

本格的なカリグラフイーを提供出来る、イケメン・カリグラファーということでNINOGRA所属アーティストの松本真慶を推薦し、イベント会社を通しながらDior様とやりとりし、1ヶ月半をかけてあらゆる面から準備をしました。

イケメン度チェックのプロフィール写真、実際の文字のサンプル等Dior様に気に入っていただける様ドキドキしながら願っていましたが、実際にかなり好評だということで安心し、当日まで最善を尽くしてまいりました。

そして11月25日~12月1日の期間、

「Dior JR名古屋高島屋  The art of gifting Noel / Christmas 2015」というイベント企画で

コスメサロン店頭にて手書きカリグラフィー文字によるメッセージカードの作成パフォーマンスを7日間行いました。

@dior

Dior様のイベントチームの方々、名古屋高島屋・Dior様のスタッフの方々はあらゆる面で洗練されており、素敵な方々に優しく接していただき、共に過ごせた1週間は松本にとって一生忘られないものとなった様です。

@dior

イベント終了後、大役を全うしたという清々しい笑顔でキラキラしていました。

松本が最善を尽くせたこと、たくさんのお客様に喜んでいただけたこと、そしてDior様のプロフェッショナルなお仕事に関与させていただけたことに松本共々多大なる喜び感じました。

文字の旅 二千年

第6回 スタジオポンテ カリグラフィー作品展
「文字の旅 二千年」に作品展示参加しているので会場である九州大学総合研究博物館に行ってきました。

IMG_1714

何より楽しみだったのは”活版印刷、写真植字、デジタルフォント、カリグラフィー作品”を一堂に楽しめるということ。

活版印刷についてはここ最近の再ブレイクもあり、体験したり活字を集めたり亜鉛&マグネシウム版で作品を作ったりとだいたい理解していたのですが、写真植字というのは???全く無知だったので写植体験させてもらいました。

今では手に入らない貴重な印画紙を使用して10文字くらいの文章を打たせていただきました。

IMG_1719

印画紙に焼き付けられた文字、すごくシャープでクリアな文字に思わず綺麗!!!と感動しました。

印刷の歴史を垣間みれてとても楽しかったです。

IMG_1707

東京から福岡に来られてた写植家の伊藤義博さんは写真植字機、たくさんの資料を持参されていおり、多くの人が真剣に学んでいました。

Wikipediaによると〜

写真植字(しゃしんしょくじ、略称は写植phototypesettingphotocomposition)は、写真植字機を用いて文字などを印画紙フィルム印字して、写真製版用の版下などを作ること。また長らくテレビ放送用のテロップ用の版下としても使われた。

活版印刷においては多くのサイズの活字が必要であったが、写真植字では1個の文字ネガで足りる。オフセット印刷の普及とともに、写真植字も急速に需要を拡大した。写真植字のメリットとして、文字のネガをレンズで拡大または変形して印画紙に焼き付けるので、独特の柔らか味があり、DTPが普及した昨今でも、タイトル文字などに限って写真植字を指定して使うケースが見られる。なお写真植字の歴史は写研の歴史そのものと言ってよい。

デジタルフォントに関しては、いつもLinotypeの英文字にしか興味がなかったのですが、日本語のフォントもたくさんの魅力的なものがあるのですね・・・。(当然か)

フォントワークスさんから今年の立派なカタログをいただきました。素敵な日本語フォントがたくさん載っていました。

個人的にはいつも隷書体が好きなのですが、角隷-Lとライラ-DBがお気に入りでした。

そしてカリグラフィー!

主催者である初島さん、そしてスタジオポンテの皆さんの協力で”文字の歴史”を楽しく鑑賞できました。それぞれのメンバーがその時代の書体で作品を作っていて、初島さんの雑学も含めた楽しいトークショーもあり、とても良かったと思います。

私はゴシックのTexture(テクストゥラ)を担当しました。

なんと横にグーテンベルク聖書の(活版印刷技術を用いて印刷した世界最初の印刷聖書)が飾られていて、迫力の差にしまった・・・と。

IMG_1701

書いた言葉は『新約聖書』の「マタイの福音書」第7章第7節〜第8節の部分。

求めよ、さらば与えられん。

探せよ、さらば見つからん。

叩けよ、さらば開かれん。

自分が求め、探し、叩くという行動を起こさなければ何も変わらないということ。

来年は積極的に過ごしてみたいと思います。

昔のものは偽物がなく素晴らしい。歴史って本当に面白い。

現代でもいつも努力と時間を惜しまず、質を重んじてモノづくりして行きたいと心から思いました。

 

 

 

Yukimi Annand Calligraphy workshop

J-LAF主催 Yukimi Annandさんのワークショップがこちら広島でも無事に終わりました。

1〜2年をかけて企画していたのに、楽しい時はあっという間でした!

内容は本当に素晴らしく、参加者全員がYukimiさんに魅了されたことは間違いありません。

まるで楽器を奏でるようにYukimiさんの手は迷いなくリズミカルに動いていきます。

カラダ全体で紙面と対話しながら魂を刻んでいくような・・・。

その姿、美的センスに 私・・・・完全に心を奪われました。

 

“Folded pen”、私が以前持っていたものはあまり質が良くなく、実際にあまり使ったことはなかったけれど、今後はこのワークショプのおかげで完全にハマりそうです。Tim’s pen最高!

IMG_1673

 

Folded penの可能性、作品を作る際のアプローチ、コトバとの向き合い方、すべてが再度勉強になりました。

今年使っていたラルフ・ワルド・エマーソンの言葉の一つ、

”The creation of a thousand forests is in one acorn.”

一粒の木の実は、いくつもの森を生む。

IMG_1672

いつもと同じにならないように、新しいスタイルに試みてみました・・・が、これからもっともっと頭をひねるより”感覚”で表現してみたいと思います。

ワークショップ、同じ興味を持ったものが真剣に学ぶ場、やっぱり本当に楽しいです。

今回は同世代の大切なカリグラフィー仲間が香川、福岡、熊本から参加してくれました〜みんなの進化している魅力に私の心は癒されました。

強制的に?いいえ、前向きに一緒に参加してくれたNINOGRAの生徒さんもサンキュー。

君たちはみんな可愛いっ!!!いつもありがとうね!

CIMG4642DSCF1323DSCF1324