広島/八本松 カリグラフィー教室 Ninograのブログ

BLOG

ブログ

蔵書票〜Exlibris

IMG_1767

以前からデザインしてみたかった蔵書票(Exlibris)。

年末に銅版画家の友人が「蔵書票展するんですけど、参加しませんか〜」と言ってくれたので即答しました。「するっ!」と。

よく蔵書票って何ですか???と聞かれるので、Wikipediaより〜

蔵書票(ぞうしょひょう)ないし書票(しょひょう)は、本の見返し部分に貼って、その本の持ち主を明らかにするための小紙片。より国際的にはエクスリブリス(Exlibris、「だれそれの蔵書から」という意味のラテン語)と呼ばれる。英語ではbookplate。

図と一緒にExlibrisという言葉と蔵書の持ち主(票主)の名前が画面に入れられることが多い。古くは紋章や肖像画に個人のモットーを書き入れた図案が好まれたが、票主の職業や故郷を示す絵柄、本や書斎に関する絵柄など多様な図案が用いられている。版種も、銅版画、木版画、リノカット、石版画、孔版など様々である。著名な芸術家の手によるものもあり、美術品として収集の対象にもなっている。

カリグラフィーで参加してくれたら良いと言われたのですが、版画全般に興味がある私は、あえてカリグラフィーでデザインした文字を銅版画に応用して参加させてもらうことにしました。

カリグラフィーとは手書きでデザインした美しい文字のこと、蔵書票にするには原案を作って何らかの方法で複製しなければいけません。

やりたかったことが山のようにあるのだけど、銅版画愛好家様達の展示なので素人ながらにも同じ銅版にて挑戦させてもらいました。

ちなみに蔵書票の図案には何よりも大好きなカリグラフィーに使うペン、愛するツバメちゃんをイメージして作った文字を入れています。

実際エッチングが一番魅力的なんだろうけれど、デザインした2案を色々な技法で遊んでみたいと思い、まずは最近教えてもらったトナーを利用した技法、そして樹脂版にデザインを感光して作る技法に挑戦しました。

exlibris-copper

私がどうしても作ってみたいプロジェクト用に購入している7センチ×7センチの銅版2枚と樹脂版2枚。

銅版の腐食、感光、刷りなど5〜6時間かけて4タイプ作りましたが、こんな短時間で無理がありました。(反省)

でもまだまだやりたい技法、他の版画等たくさんあるので、しばらく楽しんでみようと思います。

刷った4枚はNewsにも書いた古本屋カフェ”本と自由”さんに展示させていただいています。

(また後日”HANDWORK”のページに追加します。)

販売出来るものは・・・ということでこのようなものも用意しました。

exlibris-copy

参加する皆さんの作品、そして同時期に開催する友人の2期にわたる銅版画の個展もとても楽しみです。

 

 

 

笑う門には福来たる

笑う門には福来たる、当たり前のように言われる言葉ですが、私は昔から本当にこの単純な言葉が好きです。

私にとっての「笑う」は”Smile”(微笑む)ではなく、”Laugh” 声を出して心から笑うことです。

考えてみると、私が一緒にいて楽しいっと感じる人は皆声を出して大声で笑う人だったりします。

人が楽しそうに大声で笑っている姿を見るのも好きです、こちらまで本当に楽しくなります。

昨年夏の展示で通帳ケースのために書いたデザイン。なぜか通帳ケースではなく原画がほしいという人が多かったので、友人の銅版画家さんに習って銅版画で刷ってみようと思いました。

この銅版画家さんはとても才能豊か&研究熱心で、私のカリグラフィーが際立つ技法を色々教えてくれます。

エッチング、エングレービングなどで描く線が一番魅力的なのかもしれませんが、私は銅版画家ではなく、カリグラファー。

私の周りには魅力的な銅版画家さんがたくさんいます。版画の魅力、奥深さは相当なもので圧倒されます。

カリグラファーとして、せっかく紙に精巧に書いたものはそのままの状態でもっと違う表現をしてみたい・・・と思っていたところ2点新しい技法を紹介してくれました。年末に時間がなくてゆっくり刷れなく消化不良だけれど、今年は色々いたずら&遊んでみたい気持ちで一杯です。

◎トナーを利用したもの

douban-warau

◎樹脂版を利用したもの

douban-warau2

 

 

 

 

☆と♡でぽち袋

IMG_1740

クリスマスが近づいてきました! 終わればすぐに年が明けお正月がやってきます。

初めて”フレーベルの星”を知ったのは、昔縁があって広島でお知り合いになった双子の作家さん、ツヴィリンゲさんのワークショップ情報。

東京をメインに活動されていたので、受講することも出来ず・・・でもどうしても作りたいとドイツのサイトを探しにいって何とか作る事が出来るようになりました。

彼女達のように美しく作れているか?ですが、今ではクリスマスになると生徒さんから”作りたい”と要望が多いので一緒に楽しんでいます。

12月はこのフレーベルの星に加え、アレンジバージョンを作り、ポチ袋も作り〜と文字はそっちのけになっています。

いずれアレンジでオシャレな紙に自分のデザインした文字をプリントしたり、ポチ袋の表紙に文字を挟んだりとたくさん楽しめそうです。

ハートはバレンタインデーにも良さそうです。

IMG_1741

今年はたくさんの出来事がありました。辛い事、楽しい事いろいろですが、何よりも嬉しかったのが大病をした生徒さんが二人とも元気に復活してくれたこと。大事な妹も復活したことです。乗り越えたからこそたくましく楽しそうな彼女達を見ていると本当に嬉しく改めて涙が溢れてきます。本当に良かったと。

いつもプロ並みのお菓子を作って持って来てくれるのですが、この度はクリスマスが近いからとメレンゲ菓子の”パブロバ”を!

初めての感覚〜ふわっと優しいお味でした。

NINOGRAには男性の生徒さんが二人います。その内の一人はかなり女子力が高く、樹脂粘度で素敵なお花をたくさん造られています。

なんと私にプレゼントしてくれました。心からありがとう!!!そして、彼の彼女へのプレゼント作品(感謝状)が長い期間をかけて完成!本当に綺麗なイルミネーションでした。

教えていて一番嬉しいこと、”カリグラフィーが本当に好きで書くのが楽しい”と言ってくれること。